新しい仲間69名を迎え、全青協総会に参加!

13民商青年部・県青協が18の表彰
 十一月二十日に開催された全青協第四一回定期総会に、全国から一七七名の仲間と共に、愛知から山本議長と代議員が五名、評議員が一名で参加しました。

拡大目標を超過達成!
 愛青協は、一万一千名の全青協の建設のため「四四五名の愛青協を」と拡大に取り組んできました。拡大リレーや独自に対象者訪問を行った民商の奮闘で仲間を迎え、総会三日前に目標を達成。その後も全国の運動に団結し、行動が続き、総会前日・当日まで仲間が増えました。
 総会当日も、山本議長は電話で民商会長などに訴え、結果九月から六九名の青年部の仲間を増やし愛知は四五六名の青年部となり、全国は一万七百十三名となり、今までにない拡大成果となりました。
 この奮闘が、全青協総会でも称えられ、十三民商と県連が、十八の表彰を受ける事が出来ました。

メヘランさんが代表発言
 全青協総会は、総会方針案、決算予算案の提案の後、全国から涙あり笑いありの熱い活動報告がありました。愛知は名古屋南民商のメヘランさん(二十歳・塗装業)が代表発言。平和問題や経営セミナー、青年部会の活動を発言しました。

山本議長が全青協副議長になりました
 役員の選出では、愛知県青協議長の山本さんが全青協の副議長に就任し、澤田愛知県青協事務局長が全青協幹事となりました。

全国の経験を民商でも活かしたい 全青協総会にはじめて参加した名古屋西部民商の井上さん(二三歳・左官業)は、「総会前にはじめて対象者訪問をしました。全国の人たちがどのように仲間を増やしているのか聞けてよかったです。自分の民商でも活かしたいと思います。また、自分の行ったやり方なども全国に伝えて、全青協が盛り上がるよう頑張ろうと思います」と話していました。

みなさんの奮闘で拡大リレー完走 愛商連 拡大推進委員長 板平 勇 今年の秋の運動、9月1日から続けてきた拡大リレー~毎日、民商が順番に5つ以上の拡大の成果をあげる~は、11月27日、最終走者豊川民商が成果をあげ、88日間で全民商が4回ずつバトンをリレーし、一度も落とすことなく完走することができました。
 この運動で、読者を増やした人、会員を紹介した人、共済会・婦人部・青年部に加入していただいた方、その為に奮闘頂いた役員・事務局員のみなさん、本当にお疲れさまでした。役員に拡大を依頼した会長や推進委員長、支部で目標を決めみんなで声をかけあった役員、共済・婦人・青年の対象者名簿をつくり、支部役員と共に訪問活動をした会内組織の役員、役員と運動をつくり事務所に来た人に声をかけ、ニュースで広げた事務局員など、これまで以上に多くの人達の奮闘がありました。
 仲間を増やすことは、中小業者の要求実現と民商運動の前進にとって不可欠です。これを力に今後も強く大きな民商・愛商連をともにつくっていきましょう。