愛知母親大会 消費税分科会

  【勇気・元気・笑いもらった 全国業者青年交流会 in  北九州】
 全青協が主催する第十五回全国業者青年交流会が九月二三、二四日に福岡県北九州市で開かれ、全国から四一六名が集まり、愛知から十名が参加しました。  開催地である福岡県青協からの開会宣言後、高田全青協議長が「参加したことが自分にプラスになるよう大いに交流し、学んで、楽しんで欲しいと思います」と挨拶しました。  

【業者青年らしさあふれる企画】
 一日目は、十一のテーマで分科会が行われ、「融資・補助金、事業計画」、「従業員教育」、「事業継承」、「税務調査」など、自営業者や業者青年独自の悩みや思いを交流しました。

【全国の仲間と交流を深める】
 夜の交流会は、立食形式の名刺交換会やステージ上での商売アピール、各県代表が参加した催しが行われ大いに盛り上がりました。
 二日目は、横浜国立大学の三井名誉教授のコーディネイトによるパネルディスカッション、落語家の林家はな平さんによる文化企画などを開催。山根全青協副議長は閉会挨拶で、「今回、福岡県青協が市に後援を依頼し、市長からメッセージをもらいました、豪雨や地震の被害もあった地域からの参加もありました、それを見て僕自身も仲間の大切さや素晴らしさを感じることが出来ました。次回もまた楽しい交流会にしたいと思います」と話しました。

【商売、青年部に元気もらった】
   一宮民商青年部からは四名が参加。参加者は、「後継者や事業承継の問題は多くの人が感心を持っていることがわかり、様々な意見が交流されていたのが印象的」、「楽な方向には何もない、面倒な方向に行け、何か得るものがある。ダメになったことを自分自身がよく知っているから積み重ねていけば出来るという言葉が印象にのこった」、「笑って学ぶ、商売人の心意気をテーマにした落語は笑わせていただきました」など、交流会の感想を話していました。
 初めて参加した豊橋の鈴木さんは、「最初は何をしたらいいかわからなかったけど、色々な人と交流が出来て楽しかった。愛知の活動にも参加したい」と話し、尾北民商からの参加者は「『青年部活動をみんなで盛り上げたい。会議に参加してない人にも活動を知って欲しい。どうしたらいいか』と先進的な青年部役員の言葉が印象に残った」、井上県青協副議長は、「各民商の悩みを話し合って、自分の所の経験や意見を発言する事で、解決のヒントになるようなことを交流できたのは良かったと思う」と話していました。

【将来の経営ビジョンを持とう 青年部経営計画セミナ― 小牧民商】
 9月18日、小牧民商青年部が主催する「経営計画セミナ―」が開かれ14人が参加し、中小企業診断士の長谷川大介さんを講師に招き、経営計画書作成の意義や作成方法を学びました。

【商売の将来をみつめよう】
 長谷川さんは、「経営計画は将来を見据えた現在の意思決定をする。自分の経営計画のビジョンを形あるもので示すことは、従業員との意思疎通や取引先への信頼性の向上にも大いに役立ちます」と語り、現状分析、経営目標、経営戦略、行動計画と、経営計画書作成について順を追って説明しました。そして、経営計画を作ることによって活用できる補助金などを紹介しました。
 その後、参加者は長谷川さんにアドバイスを受けながら、実際に経営計画づくりに取り組みました。参加者からは、「頭の中でビジョンはありましたが、書きだすと、スタッフとの共有が必要と感じた」、「自社を見直すキッカケになった」と感想が出されていました。

【やっとかめ】
 沖縄知事選挙「玉城デニー勝利!」台風速報の中、声をあげ歓喜した。なりふり構わない謀略の中、沖縄県民の良識が勝利した。「あの土地が返るまで沖縄戦は終らない」彼の言葉が忘れられない。そこになびく星条旗。戦中からステゴマにされ続けている悔しさ。お金や欲よりも人の心が勝利した。▼「みんなで集まって、話し合って」それが民商の魅力だ。一人ひとりの力は小さくても集まれば大きな力になる。この選挙もそうだ。大きな国家権力があの手この手と県民の心をつぶそうとした。だけど、小さな一票が大きな力となって、間違った国のやり方を否定した。
 ▼消費税増税、憲法改悪、安倍政権の暴風が吹き荒れている。中小業者の営業と生活を破壊する策動が企まれている。「団結は何ものにも勝る宝である」、「拡大で悪政に反撃」。私たちもみんなで集まり話し会おう、小さくても一歩を踏み出そう。民商にスーパーマンはいない。小さい力を集め、みんなで力を合わせて勝利を勝ち取ろう。
  愛商連事務局長 河村光哉